増毛の種類は色々とありますが自毛に人工毛髪をつけるというものが一般的です。
人工毛髪をつけて増毛をしたいと思っている人は、まずは人工毛髪についての情報を知る必要があります。

人工毛髪というのは素材は体に取り付けても拒絶反応などが起きにくい合成物質でつくられています。
主な素材としては、モダアクリルや塩化ビニル、ポリエステルやポリアミド単繊維といった成分でつくられています。
数年前までは耐熱性には劣っていたのでドライヤーを充てると溶けてしまうというようなこともあったのですが、
ここ最近は研究開発も進んでいますから、耐熱性に優れてるものなども販売されています。

増毛の際に人工毛髪を利用することのメリットとしては、化学繊維でつくられていますから、
人毛に比べてみると、水に対して耐久性がありますし、乾きやすいといわれています。
また人毛と重さを比べてみてもかなり軽いので付け心地もいいのがメリットです。

人毛の場合には、つけていると太陽の光などを浴びたり紫外線を浴びたりすると
赤く見えてしまいますが、人工毛髪は色が透けないでそのままなのもいいですね。

専用のシャンプーなどが用意されていますから、こちらを使って増毛したら先発するようにしてケアしていきます。
増毛をする際に人工毛髪を取り付けるという場合には、施術を受けるところと相談をして、
どれくらい増やすのか、どの部分に行うのかなどをよく話し合ったうえで人口毛髪を取り付けましょう。