資格と年収はかなり関連が高いですよね。
資格を持っていれば年収もそれだけアップすると思いますし、資格によって年収は大きく変わってきます。

現在資格の中でいちばん年収が高いとされているのが、医師で医師の資格の年収は1104万円とされています。
その次の資格で年収が高いのが弁護士で平均年収は800万円以上といわれています。
そして公認会計士の資格も年収の高い資格といえますが、公認会計士も800万円以上の年収が見込まれる資格です。
同じく税理士の資格も公認会計士や弁護士と並ぶ800万円以上の年収がもらえる資格として知られています。

やはり資格によって年収の差はとても大きいですが、そのあとの順番としては歯科医師の資格、
一級建築士の資格、技術士の資格、獣医の資格、社会保険労務士の資格といった順番で
年収がだんだん下がっているような状態です。

とは言っても社会保険労務士の資格を持っていると年収は530万円以上といわれていますから
それでも一般の企業に勤めるサラリーマンに比べれば年収は高いといえます。

資格と年収は比例していて、難しい資格ほど年収も高くなるということがよくわかりますから、
もし高い年収をもらいたいと思っているのなら難易度の高い資格を取得することをお勧めします。